癒しの空間で、マナーズサウンドが癒し効果を倍加させます。

都会の喧噪や慌ただしさ、日々のストレスから開放されてくつろぐ旅館やホテル、ペンションなどの宿泊施設。そこは現代人にとっての癒しの場でもあります。ゆったりと庭園を眺めるロビーラウンジ、プライベートなひとときを過ごすお部屋、心地良い湯に浸かってリフレッシュする温泉大浴場…。その空間にもマナーズサウンドはフィットします。音による心身への癒し効果をホスピタリティ空間にもたらすことができるのです。

既にマナーズサウンドを導入しているホテルがあります。コンセプトを“身体で感じ、心で記憶していただくこと”と掲げているそのホテルには、大浴場の浴槽の内側壁面にスピーカーが設置され、マナーズサウンドを発信するとともに振動がお湯全体に行き渡って、湯にくつろぐお客様を優しく包み込んでいます。これはマナーズ博士の英国のクリニックにあった治療用プールを温泉大浴場に応用利用したものです。導入後、「振動が心地良く心身に響いて浸透してくる感じがする」「いつもよりリラックスできて身体が芯まで温まる」「肌がツルツルになった」「髪がいつもより艶が出てしなやかになり、ブローがしやすくなった」「心身が軽くなって、眠りが深くなった」「朝の目覚めがとても爽やかだった」などの印象がお客様から寄せられています。

流れているマナーズサウンドはお客様への癒し効果やリラックス効果を考えてカスタマイズしたものです。癒しを提供する場にマナーズサウンドが、さらなる癒しの効果をもたらしている好例です。マナーズサウンドは人が集うラウンジやレストランなどのBGMとしても利用できます。新たな宿泊施設をお考えなら、設計段階からの組み込みを考えた計画をご提案いたします。



PAGETOP