私たちの身体は、細胞レベルで「音」を発しています。

saibou_01
私たちの身体の中にはどれを取っても生命維持活動に欠かせないたくさんの器官があります。器官は常にそれぞれ決まった振動=音を発していて、振動しながら身体全体の調和を保っています。人間には約60兆個の細胞があるといわれていますが、細胞レベルで考えると気の遠くなるような数の細胞が振動していることになります。

ちょっとむずかしい言い方ですが、人間の身体の中には周波数特性を持つエネルギーが流れ、各生体細胞が常に振動しているのです。そしてその音は「5つの音の組み合せ」による合成音を発しています。心臓には心臓の形を、胃には胃の形を作り出している5つの音があるのです。

細胞が正しい周波数で振動していれば健康状態が保つことができるのですが、環境の悪化や食生活の変化などいろいろな外的要因の影響で細胞が以上振動をしたり、歪んでしまうことが原因で起こるのが病気と考えられています。細胞の振動の乱れは細胞の形や性質までも変化させ、正しい動きを損害してしまうからです。

私たちの身体のまわりにある生命エネルギー体も「音」を発しています。

エネルギー的な存在である人体また、微細なエネルギー場の影響を受けながら維持されています。3次元の世界で考えると身体のまわりには気体があり、さらにそのまわりに物質的なエネルギーフィールドが幾重にも存在しています。

その気体とは東洋医学でいうところの「気」のようなもので、気の流れが不調なときには病んだ状態に陥ります。鍼灸や指圧、マッサージなどでご経験があると思います。エネルギーフィールドの中で、身体より5~20センチメートルほどの大きさで身体を取り囲んでいるエネルギーテンプレートを「エーテル体」といいます。このエーテル体はストレスに弱く、悪い環境の中では病んだ状態になって人体に悪影響を及ぼします。

肩が凝る、アタマが重い、だるいなどの症状がそれにあたります。つまり、身体に現象が起きる前に、エネルギー的な変化がエーテル体レベルで起こるのです。そしてこのエーテル体も特有の振動や周波数を持っています。

左と中の写真が、人体のまわりにある生命エネルギーフィールド(イメージ)。身体に一番近いところにあるエーテル体が人間の肉体を形作っていると考えられています。右の写真は、木から落ちて上半分がなくなってしまった葉のエネルギー場の写真。葉の上の部分は赤く光って見えますが、実際には目には見えません。存在していない部分のエネルギ―体がまだその場に残っていることを証明しています。 マナーズ博士は、「身体の成長はエーテル体の鋳型に沿って起こり、病気は肉体に現れる前にエーテル体に現れる」と考えました。細胞が持っているテンプレートとはエネルギーの場です。その乱れが心身の不調の原因と考えられ、健康な状態を取り戻すにはマナーズ博士が発見した音が非常に有効なことは実際の臨床結果からも立証されています。

左と中の写真が、人体のまわりにある生命エネルギーフィールド(イメージ)。身体に一番近いところにあるエーテル体が人間の肉体を形作っていると考えられています。右の写真は、木から落ちて上半分がなくなってしまった葉のエネルギー場の写真。葉の上の部分は赤く光って見えますが、実際には目には見えません。存在していない部分のエネルギ―体がまだその場に残っていることを証明しています。
マナーズ博士は、「身体の成長はエーテル体の鋳型に沿って起こり、病気は肉体に現れる前にエーテル体に現れる」と考えました。細胞が持っているテンプレートとはエネルギーの場です。その乱れが心身の不調の原因と考えられ、健康な状態を取り戻すにはマナーズ博士が発見した音が非常に有効なことは実際の臨床結果からも立証されています。

PAGETOP